アルバイトの勤怠管理どうしてる?アルバイトが多い企業に便利な手法やシステムを紹介!

勤怠管理

働き方改革のキーワードである「多様な働き方」。人手不足解消の為に、潜在労働力(子育ての為、暫く働いていなかった女性労働者等)の活躍が求められています。そこで、フルタイム正社員では働けないがアルバイトであれば働けるという労働者が増えています。それを根拠づける統計資料として、総務省労働力調査において、正規社員より非正規社員の方が増加傾向とされています。

幣サイトをご覧いただきありがとうございます。

たいへん恐縮ですが、こちらは勤怠管理の知識を持たない我々が作成したSEO記事です。閲覧していただいても構わないですが、貴重な皆様の時間を少しでも無駄にするのは非常に心苦しく思います。

そのため我々は幣サイト「意思決定の前例」をご覧になることをおすすめします。過去に同様の経験をされた方々の、システム導入における選択の軌跡をぜひご覧くださいませ。

より早く、より実のある選択のために。

どうぞこちらから。

こちらの記事もおすすめ

勤怠管理とは | 人事総務の基本業務を効率化する知識をくわしく解説
勤怠管理する上で必須!押さえておきたい勤怠知識について 【2020年最新版】

アルバイトの勤怠管理

アルバイトの勤怠管理については難儀な分野としてそれぞれ労働時間等が異なることです。それが勤怠管理及び労務管理においてどのような煩雑さを生むかを以下に考察します。

・残業代計算
・有給休暇管理

等が挙げられます。

アルバイトの残業代管理

残業代とは大きく分けて2点あります。

・法定内残業
・法定外残業

法定内残業とは、労働基準法では、(36協定を締結している前提で)1日8時間、1週40時間を超えて働かせた場合、「1.25倍」の割増賃金を支払う必要がありますが、例えば1日6時間勤務のアルバイトの場合、法的には、8時間に達するまでは、「1.25倍」の割増は義務付けられていません。

よって、8時間に達するまでは、通常の賃金支払いでも違法ではありません。すなわち、8時間を超えた時間外労働が法定外残業となります。よって、勤務時間が6時間のアルバイト、7時間30分のアルバイトと複数のパターンがある場合、勤退管理を適切に行う必要があります。

アルバイトの有給休暇管理

有給休暇は労働基準法上では6か月継続勤務後、全労働日の8割以上の出勤率で原則10日付与されます。しかし、画一的に10日付与しなければならないわけではなく、比例付与という規定があり、

・週4日以下
・週の所定労働時間が30時間未満

上記の両方を満たしている場合は低減された日数でも適法とされます。また、お気づきのとおり、6か月継続勤務の起算日も管理する必要があります。よって、例えば4月一斉入社という人事戦略を選択しない場合は、有給休暇の発生日も異なるということです。

アルバイトの勤怠管理は会社の鏡

正社員よりも煩雑になり得るアルバイトの勤怠管理に誠実に取り組む会社は、行政機関の立入調査時の労働基準監督官の印象、訴訟にまで発展してしまった場合の裁判官へも良い印象を与えることができます。企業が是正勧告を受ける場合や裁判で負ける場合は「やるべきことをやっていない」場合がほとんどです。

この点を意識して労使Win-Winの勤怠管理を継続していくことが、ひいては企業の発展にも繋がります。

アルバイトの勤怠管理のまとめ

多様な働き方が広がる中で、今後もアルバイトの方は増えていくことが予想されます。

アルバイトの方も気持ちよく働き、管理する側もかんたんにシフト表の作成や勤務時間の管理ができるような便利なシステムをぜひ活用していきましょう。

こちらの記事もおすすめ

勤怠管理とは | 人事総務の基本業務を効率化する知識をくわしく解説
勤怠管理する上で必須!押さえておきたい勤怠知識について 【2020年最新版】

タイトルとURLをコピーしました