建設業の現場で使える勤怠管理アプリのおすすめは?業界の悩みを解決!

勤怠管理

建設業の現場で使える勤怠管理アプリのおすすめは?業界の悩みを解決!

勤怠管理で頭を抱えている業界は数多く、建設業界もその一つです。建設業界では、現場が移動することが多く、リアルタイムで勤怠管理が難しいとも言われています。そのため、最近ではアプリを利用した勤怠管理が勧められています。

今回は、建設業での勤怠管理を手軽にしてくれるアプリのご紹介と、勤怠管理の悩みなどご紹介します。

幣サイトをご覧いただきありがとうございます。

たいへん恐縮ですが、こちらは勤怠管理の知識を持たない我々が作成したSEO記事です。閲覧していただいても構わないですが、貴重な皆様の時間を少しでも無駄にするのは非常に心苦しく思います。

そのため我々は幣サイト「意思決定の前例」をご覧になることをおすすめします。過去に同様の経験をされた方々の、システム導入における選択の軌跡をぜひご覧くださいませ。

より早く、より実のある選択のために。

どうぞこちらから。

こちらの記事もおすすめ

勤怠管理とは | 人事総務の基本業務を効率化する知識をくわしく解説

勤怠管理する上で必須!押さえておきたい勤怠知識について 【2020年最新版】

建設業界での勤怠管理の悩み

建設業界では、現場がその日ごとに違うこともあり、毎回タイムレコードなどを設置するのが困難な現状があります。そのため、勤怠管理を行うためには、タイムレコードに変わるツールが必要です。

また、建設業では天候によっては工事などが遅れる可能性もあり、勤務報告を日報に書いたとしても、正確な勤務時間を把握するのが困難という問題もあります。工事が遅れた分などは、長時間労働で穴埋めもできますが、リアルタイムでの勤怠管理が難しいです。日報ですと事後報告になることもあり、もし法令違反があったとしても、もう工事が始まってしまっているので対策もできません。

勤怠管理は給料に直結するので必須なのですが、それと同じくらい大切なのが現場の安全管理です。そのためにも、正確な勤務時間の把握は重要と言えます。人手不足が問題となっている建設業界では、勤怠管理が正常にされていないと、労働環境の悪化にも繋がります。そんな時に便利なのが、持ち運べる勤怠管理アプリになります。

勤怠管理の悩みの原因とは

勤怠管理はどの業界かに関わらず、義務付けられているのため、大企業でも中小企業でも悩みの種です。勤怠管理の方法には、タイムカードやエクセル管理、スプレッドシート管理などがあります。ただ、現在ではタイムカードや出勤簿などを利用している会社も多く、管理方法を見直す動きも強まっています。

シフトの作成が面倒だから

勤怠管理ではシフトの作成が面倒というのも悩みの一つです。特に社員が多い会社ほど、シフトの作成が煩雑になります。社員それぞれのスキルや経験なども考慮する必要があるため、シフトの作成業務は頭を抱える問題でもあります。シフト作成によっては仕事の効率も変わってくるので、作成には経験者が必要であり、人材選びも大切です。

労働時間の把握が難しいから

労働時間を正確に把握するためには、勤怠管理が必須ですが、正確さが求められるのも悩みの一つです。例えば「営業で外回りをする人が多い」「不正に打刻をする人がいる」「長時間労働の発見が遅れてしまう」などがあると、労働時間の把握が難しくなります。

残業管理が難しいから

勤怠管理では残業の管理も悩みの一つです。残業が出ると、会社側は割増料金を払う必要があり、正確な時間を把握しておかないと、会社と従業員の間に金銭トラブルが生まれてしまいます。もし裁判沙汰になった時に、正確に残業時間を管理していない場合、会社側が不利になることも多く、もしもの時のためにも勤怠管理は重要です。

集計や計算に時間がかかるから

タイムカードで勤怠管理をしている場合、給料の計算や労働時間の集計に時間がかかってしまうのも悩みの一つです。タイムカードはシステムが単純なので、労働者もわかりやすいのはメリットですが、データを自動化できないと、管理も大変になります。勤怠管理では給料の計算に一番時間がかかることもあり、多くの会社が悩みを抱えています。

建設業界以外の勤怠管理の悩み

建設業界の勤怠管理の悩みをご紹介してみましたが、他にも業界独特の勤怠管理の悩みがあります。どの業界でどんな悩みを抱えているのかを、以下に見ていきます。

医療機関での悩み

医療機関で働く人は「医師」「看護師」「薬剤師」「医療事務」が代表的ですが、アルバイトやパートなども働いているため、非常に管理する人間が多いのが勤怠管理の悩みでもあります。

また社員によっては、早番、遅番、夜勤などもある業界ですから、労働時間の勤怠管理は非常に大切です。人の命に関わる仕事でもあることから、適切なシフトを組む必要があり、そこでも勤怠管理者は頭を悩ませています。

飲食業界での悩み

飲食業では人材不足が大きな悩みですが、こちらもパートやアルバイト、正規社員など多くの働き方の違いがあり、勤怠管理をする上で、シフトの作成や人員配置が悩みの種です。長時間労働が常態化していることも問題になっており、より正確な労働時間の把握が必要になってきます。

また手が水や油で汚れているため、タイムカードの管理も難しい一面があります。もしタイムカードを利用するとしたら、汚れに強いタイムカードを設置する必要もでてきます。そのため、勤怠管理アプリが必須な業界と言えるでしょう。

運送業界での悩み

運送業界では、社員の労働時間が不規則であることに悩みを抱えています。長時間の労働が必要とされる長距離ドライバーなどの労働時間を正確に把握することは困難を極めます。運転が短距離であれば、毎日タイムカードを打刻すればよいですが、長距離ドライバーにタイムカードの打刻を強制するのは無理です。

不正申告も発生しやすいので、勤怠管理が難しい一面もあり、その打開策としてアプリが必要とされるようになっています。

人材派遣業界での悩み

派遣業界では、人の移り変わりが激しいこともあり、勤怠管理でも社員の管理に頭を悩ませています。社員はタイムカードに打刻することで、労働時間を申告し、会社が労働期間を記録しています。ただ、労働時間の集計にはかなりの時間が必要とされ、遅番や早番、長時間労働などは把握にも時間がかかります。

また、派遣業界でもタイムカードの打刻に不正がある可能性もあり、正確な労働時間を把握するのも大変です。もし労働時間に修正があった場合は、更に時間がかかりますし、勤怠管理がしっかりとしていないと、不正があっても気づくのが遅れます。管理者が現場にいないことも問題視されており、人材派遣業界では勤怠管理が難しい業種と言って良いでしょう。

建設業界でおすすめの勤怠管理アプリはどれ?

建設業界では、現場が変わる度にタイムカードを設定するのが難しいと書きましたが、それの打開策として勤怠管理アプリがあります。アプリならスマホに入れておけば、どこでも管理ができるため、最近では導入している会社も多いです。
以下に、建設業界でおすすめの勤怠管理アプリを6選してご紹介します。

アプリ ①現場勤怠

「現場勤怠」アプリは、建築業界や建設業界での勤怠管理だけでなく給料の計算も簡単にしてくれるアプリです。

① シンプルで使いやすい管理画面
現場の実態に特化したアプリなので、使いやすくシンプルな管理画面です。誰でも使えるアプリなので、運用もスムーズと人気です。

② 電話から勤怠報告ができる
現場の作業員が携帯電話を使って勤怠の報告ができるため、現場の人にも人気があります。またスマホだけでなく、ガラケーにも対応しているので、使いこなすのも簡単です。

③ リアルタイムで勤怠を把握できる
現場の作業員の勤怠状況を、社内でも確認できるのも強みです。時間や場所に関わらず、いつでもリアルタイムに勤怠状況を把握することができます。

④ 初期費用がかからない
こちらのアプリは初期費用がかからないのもメリットの1つです。ただ、初期費用は必要ありませんが、月に2,000~4,000円(20名以内の場合)がかかることには注意してください。

アプリ ②Touch On Time

「Touch On Time」アプリは、クラウド型の勤怠アプリで、市場シェアNo.1を誇ります。

① 集計業務を軽減してくれる
社員それぞれの打刻を自動で集計してくれるので、集計業務が軽減されます。また休日の管理、有給の管理、残業の設定などのアラームも設定できるため、業務改善の役に立ってくれるアプリです。

② 勤怠をリアルタイムで確認可能
現場の社員の勤怠状況をリアルタイムで把握できます。複数の現場の管理もリアルタイムで行ってくれるので人気があります。

③ スマホや携帯を使って打刻ができる
スマホのGPS機能を使うため、社員が今どこの場所にいるかも把握できます。また本人しか打刻ができないようになっているので、不正な打刻も防ぐことができる点もメリットです。
④ こちらのアプリも初期費用がかかりません。初期費用は必要ありませんし、月に300円程度と安く利用できるのも嬉しい点です。

アプリ ③ShiftMAX

「ShiftMAX」アプリは、クラウド型の勤怠アプリで、シフトと勤怠管理ができるアプリです。
① 現場の進行状況把握が容易
ノートPCやタブレットから、現場での進行状況を把握できます。材料の調達や人員の派遣なども管理しやすいです。

② 携帯やスマホで出勤簿を作れる
スマホなどを使って出勤簿を更新できるため、直帰や直行の多い現場の作業員に人気があります。リアルタイムで勤怠管理ができるため、報告ミスや計算のミスなども減らせます。

③ 打刻をリアルタイムで確認可能
社員が現場に到着したかや現場の作業が終わったかなどの確認を、リアルタイムで把握することができます。勤怠時間を自動集計することもできるので、直行や直帰が多い現場でも使いやすいアプリです。

④ 価格が高いのがネック?
こちらのアプリは、初期費用の他に月額使用料がかかります。初期費用も20万円と高めで、月額使用料も3万円と高いので、費用面ではネックになることがあります。

アプリ ④クラウド 勤怠管理システム

「クラウド 勤怠管理システム」アプリは、ネット環境があれば利用できる便利なアプリです。
① 最短3分から使用が可能
最短で3分から使用が可能で、クラウドを利用しているため、システム停止の危険性も減り、安心して使うことができます。

② スマホやタブレットから打刻が可能
スマホなどから打刻が可能で、一元管理もでき、リアルタイムで社員の勤怠状況を確認できます。

③ とにかく安く使える
こちらのアプリでは、初期費用が無料で、しかも月額使用料が50円とかなりリーズナブルな価格設定です。ネットが繋がる必要があるものの、費用を抑えたい会社にもおすすめです。

アプリ ⑤jinjer勤怠

「jinjer勤怠」アプリは、勤怠管理をより正確に行いたい会社にぴったりのアプリです。

① 現場に特化した打刻法
PCやスマホなどから打刻が可能なので、場所や時間を問わずに打刻ができます。アプリがあれば、現場にタイムカードを設置する必要もなくなります。

② 複数の現場の集計が容易
現場が複数ある会社でも、リアルタイムで勤怠状況を確認でき、かつ集計も簡単です。

③ 無料トライアル期間がある
こちらのアプリでは、初期費用が10万円からかかり、月額使用料は300円ほどです。ただ、最大で2か月間の無料期間がありますので、まずは試してみるのがおすすめです。

アプリ ⑥工事日報@Director

「工事日報@Director」アプリは、インストールが不要のクラウド型プラットフォームアプリです。

① 日報の管理や勤怠状況が簡単に確認可能
休暇の申請機能や差戻機能など充実しており、申告も自動メールでOK。社外の勤務でのIPアドレスも自動化しています。

② リアルタイムで勤怠管理を管理可能
現場の社員の勤怠状況(日報や経費など)をリアルタイムで把握することができ、現場を作業員が離れた時など、中抜けした時間の管理もできます。

③ 安く利用できる
こちらのアプリは、初期費用が無料で、月額使用料も500円と割安です。手軽にお試しができるので、ぜひ使ってみてください。

建設業の勤怠管理のまとめ

以前から建設業界では、現場にタイムカードを設置することが難しく、勤怠管理が難しいとされてきました。ただ、そんな時にアプリを使えば、現場がどこにあっても社員がどこにいてもリアルタイムで勤怠管理ができます。アプリの中には高額なものもあれば安い価格で利用できるものもありますので、まずは現場にぴったりのアプリ探しから始めましょう。

勤怠管理とは | 人事総務の基本業務を効率化する知識をくわしく解説

勤怠管理する上で必須!押さえておきたい勤怠知識について 【2020年最新版】

タイトルとURLをコピーしました